パニック速報

The next stage is paradise…

パニック子育て部

blogos.com

とても興味深い記事でした。

男性の育児参加には“オープニングスタッフ”の意識が必要か

「女性の中で育児に対する世界観が出来上がってしまっており、
そこに男性が入ってくると『壊された、邪魔をされたと感じてしまう』ことがある」

「私は育児の始めを『オープニングスタッフ』と例えています。
飲食店やカフェのオープニングスタッフは、効率的に顧客に接客できるようにお皿の位置や、誰がどのタイミングでお皿を洗うのか、
お客様に声をかけるのは誰がやるのか、など全体最適の中でいろんな方法を決めていきます。
それは、スタッフたちが試行錯誤し、話し合いながらひとつずつ決めていくものなんですね。
私見になりますが、私は家事育児についても同じことが言えると思っています。

妻の中で合理的なロジスティクスが確立されるわけです。そこに、夫がたまの休日に『ちょっと手伝うよ』と言って何かをやろうとすると、
妻にとっては組み上げられた合理性から外れたことをされたと感じ、『余計なことをするな!邪魔!』となってしまうんですね。

共感したことを抜粋しましたが、記事全体を通してとてもためになる記事でした。
希望ちゃん、WANI、ろめおあたりに見てほしいですね。

f:id:vip-de-marika:20210920004546p:plain